インターネットで高校卒業!?

通信制高校で卒業資格がもらえる

一般的な高校は全日制や定時制など、毎日学校に通うことで卒業資格がもらえるようになりますが、通信制高校ではインターネット上で学習をしてレポートを提出することで卒業資格がもらえるというものになります。通信制高校では、不登校になってしまい、高校を中退してしまった方や、社会人になってから高校の卒業資格を取得したいという方などが通っている学校となります。通信制高校の特徴としては、2学期制の所が多く、新入生の募集は全日制と違い、4月の募集だけでなく、10月の募集もされているので、高校を中退されてしまった方も、1年に2回の応募するチャンスがあります。ほとんどの所が筆記試験が行われないため、全日制と比べると入学しやすいという利点もあります。

通信制高校でのメリット

通信制高校に通う最大のメリットとしては、自宅で学習が行えるため、自分のペースで勉強を行っていけることです。与えられる課題をしっかりとこなして行けば、空き時間をアルバイトや趣味、スポーツの時間に費やすことができます。また、通学にかかる時間を無くすことができるので時間の節約にも繋がります。学校に通うことで生徒や先生との人間関係が生まれますが、人間関係が煩わしいという方も多いので、そちらの悩みを無くすこともできます。通信制高校では基本的に制服や部活動などが行われていないので、全日制や定時制の高校と比べると学費が安いというメリットもあります。そのため、社会人で働いている方にも入学しやすいものとなっています。